サッカーヨーロッパのイギリス

イギリス

現在のもとになるサッカーが発祥したのは、18世紀のヨーロッパのイギリスです。ボールを蹴って遊ぶというルールはありましたが、地域によってルールがバラバラで統一されていませんでした。これでは不便ということで、代表者が集まってルールをひとつに統一することになりました。

この時にできたのが、世界最古のサッカー協会であるフットボール・アソシエーション(1863年設立)です。現在でもこの協会はイングランドのサッカー協会として活躍しています。

イングランドではプロアマ関係なく参加できるトーナメントであるFAカップが毎年行われています。イングランドのプレミアリーグに所属しているクラブにとっては、大事なタイトル戦です。サッカーは雨や雪でも強行試合になりますが、これはイギリスはよく雨が降るからという理由や、紳士は試合の約束を守るからなどの説があります。

今では世界中で愛されているスポーツですが、発祥は紳士の国ヨーロッパのイギリスだったということです。ここではスポーツの賭けであるブックメーカーの発祥地でもあり、サッカーに対する賭けにも熱が入っています。スポーツや賭けを文化として育んできたのが、この地域の特徴です。